06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

市販のモノ・・・ 美容室のモノ・・・ その3

2009/07/05
前回のつづき・・・

【有能な誤魔化し成分】そんな事を言ってしまったら、その成分がちょっとカワイソウなのですが・・・

それはどんな成分なのかと言うと、シャンプー剤にはあまり必要のない油成分の事なのです。

シャンプーの一番の目的は頭皮の汚れ【酸化した皮脂・古い角質】等のアブラやタンパク質の汚れを

適度に落とす事にあります。 

しかし、油分の配合が多いシャンプーを使えば、シャンプーしながらまた上からアブラを塗る様な

矛盾した結果になってしまいます・・・ 

しかも、その油分が酸化しやすいとしたらシャンプーしている意味はあるのかな?と・・・

でもナゼ?あまり必要のない油分をたくさん配合しなければならないのでしょうか?


理由は・・・ 売れないから(笑)

ラウリルやラウレス硫酸Naなどの高級アルコール系界面活性剤が主成分のシャンプー。

洗浄力がありアブラ汚れを良く落としてくれるのですが、髪がゴワゴワになってしまう・・・

主成分をアミノ酸系やベタイン系等の界面活性剤にすれば、余分な油分は必要ないのですが

製造コストが掛かったり、宣伝広告費などのコスト面との兼ね合いが難しいのでしょうかね~
(TVCMしている製品の価格の内訳。。。ほとんどが宣伝広告費と言われてます。。。)

そんな訳で、洗い上がりの手触りをツルツル・サラサラにするために油成分を配合して、

消費者ウケを良くしているのですよ。

そんなツルサラ成分の代表が【シリコン】と言うコーティング剤、このシリコン…一部の説では

発癌性があるとか、皮膚にくっ付き皮膚呼吸を妨げるとか、毛穴につまるとか言われていますが、

実はその様な事は無く、人体に対してまったくの無害であると言う見解が出されています。

では、実際に成分表示名称を見てみることにしましょう。


水、ラウレス-2硫酸アンモニウム、ラウリル硫酸アンモニウム、ジメチコンジステアリン酸グリコールセタノール、コカミドMEA、ポリクオタニウム-10、クエン酸ナトリウム、水添ポリデセン、安息香酸ナトリウム、EDTA-2ナトリウム、PEG-7M、トリ(カプリル/カプリン酸)トリメチロールプロバン、クエン酸、メチルクロロイソチアゾリノン、メチルイソチアゾリノン、香料、キシレンスルホン酸アンモニウム、塩化ナトリウム

前回と同じ製品です。

ジメチコン=シリコン剤

ジステアリン酸グリコール=油剤・パール化剤(製品に真珠の様な光沢を与える)

セタノール=油剤(リンスやトリートメントの主剤に使われる事が多い)

この他にも感触向上成分は配合されているのですが、配合の多いものを挙げてみました。

この場合、洗浄成分の次に多く配合されているのが、シリコンや油剤になりますので、

アブラが結構高配合なシャンプーで洗い上がりはツルっとすると思います。

でも、この場合のツルツルはゴワゴワの上にアブラを塗っただけの誤魔化しにしかすぎません…

ツルツルの下の髪は、シャンプーごとにダメージを受けているのですが気付きませんよね。

1ヶ月くらい使い続けて、髪も傷み続けて、アブラのコーティングでも追いつかなくなってくると

急にパサパサの乾燥毛になってしまいます。。。 そしてシャンプーを変え。。。またパサパサ。。。

リニューアルしてダメージケア成分がパワーアップ!思わず購入して。。。

最初は良いけどまたパサパサ。。。 こんな連鎖が続くのです。。。

そこで、シャンプー選択のポイントはシリコンや油剤が入っていないを製品を選ぶと言う事!

誤魔化し成分が無配合でも、ツルツル・サラサラに洗い上げる製品だって沢山あります。

そしてもう一つ、補足のチェックポイント!

シャンプーのキャッチや宣伝文句にある《高純度○○プロテインやらスーパーヒアルロン○○…》

と言った毛髪補修成分や栄養成分の配合量について。。。

キャッチに記載されている成分などは、*が頭についてたりして表示成分名が記載されている事が

多いのですが、では実際にどのくらいの量の補修成分が製品中に配合されているのでしょうね~

全成分表示は配合量の多い順に書かれていますが、見るポイントは防腐剤や殺菌剤。

パラベンやフェノキシエタノール、イソチアリゾンや安息香酸Naなど、これらは製品が腐敗しない様に

ほとんどの製品に配合されています。

ただ、これらの成分は法律によって配合の上限が決められていて、配合量は製品中の1%以下と

決められています。(成分によって0.2%以下のものなど様々です)

防腐剤や殺菌剤を探して、もしも高純度補修成分などの名称が後に書かれていたならば・・・?

どうでしょう?高純度補修成分・微配合…と言う事になりますよね。

まぁ、キャッチが嘘ではないのですが、宣伝ほどの補修効果はあまり期待できないでしょう・・・

今まで何の気無しに使っていたものも、ちょっと調べてみるだけで意外な発見があるものです。

市販のものに限らず、美容室で扱うプロ用の製品も調べて見たらトホホな結果になる物も多く

僕ら美容師も、もっと知識を得なければプロとして良いアドバイスができません・・・

ネットの普及で情報が溢れ、シャンプー一つとっても様々な情報が集められます。

しかし、変に偏った情報や嘘紛いの情報も多く、正しい判断をするのが難しいですよね。

まずは良い製品を見つけて、良い製品をつくるメーカーを見つける!

信頼できるモノづくりをしているメーカーが見つかれば、長いお付き合いが出来るのでは

ないでしょうか。

製品を見れば、その製品をつくったメーカーさんのモノづくりの姿勢が見えて来たりもします。

そんな良質のシャンプーを探して、本当のヘアケアーを目ざしてみては!!





スポンサーサイト
22:05 シャンプーについて | コメント(1) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。