09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

ヘアーデザインの設計図。。。

2010/10/11
下の写真ようなプラモを組み立てる際

_rgg_.jpg

あると大変ありがたいのが“組立て説明書”

_rgg2_.jpg

たくさんのパーツを何処にどの様にはめ込んで行けば良いのか、図解付きで解りやすく書いてあります☆

カットの際も同じ事が言えます。

例えばこの様なベーシックスタイルをカットして行く場合・・・

_sla1_.jpg

何処にどんな感じで丸味や重さがくるのか? 何処を軽くするのか? 引き締めるのか? 等々・・・

まずイメージするフォルムをデッサンして、そのデッサンに対してカットの切り口はどうなるか?

どんなプロセスでカットを進めるのか? どんなテクニックを使って行くのか? 等々・・・

自分で設計図をおこしますww

_sla2_.jpg

こんな感じで、ある程度頭の中でスタイルをカットしてみるのです。

この設計図の構造計算が曖昧だと、出来上がるスタイルも曖昧になってしまい

結局ソギを入れて形を調整しなければならなくなります・・・

_sla1_.jpg

このスタイルはまったくソギは入れていないのですが、締りがあってスッキリ見えますよね!

本来カットと言うものは、出来るだけ不用な部分を切り落としてフォルムをしっかり造ってから

ニュアンスや毛量調整を入れていくのがベストなんです!!

上のカットの設計図“ダイヤグラム”と言うんです。

もうだいぶ前ですが、カリスマ美容師ブーム時は“フィーリングでカットする”みたいなのが主流になり

とりあえず軽かるに削いで“ワックスつければ良いww”みたいな風潮がありました・・・

でも今は違いますよね~ 軽すぎはNG!な時代になりました。

だからこそ、ちゃんとカットすることが見直されているのですね!

このダイヤグラム・・・ 虎の穴で嫌ってほど叩き込まれています(^。^;)


お顔に似合わせる、骨格をカバーする、イメージ通りのフォルムをつくる、パッと収まるスタイルをつくる

お客さんに喜んで頂けるヘアデザインをご提供するためには《絶対必要》だと思いますよ!!





スポンサーサイト
17:51 DDA奮闘記 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。