07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- スポンサー広告

市販のモノ・・・ 美容室のモノ・・・ その2

2009/06/21
前回のつづき。。。

今回は、シャンプーやトリートメント等の化粧品類の成分表記についてお話しましょう!

シャンプーボトルや容器の裏側に、カタカナで小さく書かれているのが製品の配合成分です。

《全成分表示》=その製品の本当の姿がそこに書かれているのですが、

化学とか突っ込んで勉強した事のない人にはチンプンカンプンですよね・・・

日常、それらの製品を扱う美容師でも何だか解らないと言う人が結構いたりして…

まずは、例題を参考に大まかに解説していきます!


この製品は市販のシャンプーで、ダーメージケア成分がダイヤモンドの輝きを与えると言うモノ。

成分は…

ラウレス-2硫酸アンモニウム、ラウリル硫酸アンモニウム、ジメチコン、ジステアリン酸グリコール、セタノール、コカミドMEA、ポリクオタニウム-10、クエン酸ナトリウム、水添ポリデセン、安息香酸ナトリウム、EDTA-2ナトリウム、PEG-7M、トリ(カプリル/カプリン酸)トリメチロールプロバン、クエン酸、メチルクロロイソチアゾリノン、メチルイソチアゾリノン、香料、キシレンスルホン酸アンモニウム、塩化ナトリウム

と、難解なカタカナがズラり。。。 色々な成分名称が書かれていますね~

実は、この成分名… 配合量の多い順に書かれているって知ってましたか?

シャンプーの場合、一番多く配合されてるのが“水”なんです。何か意外ですね…

そして水の次に書かれているのが、主成分(主洗浄成分)になります。 

その他にも、主洗浄剤を補助する成分や感触を良くするための成分、毛髪補修成分や

香料、防腐剤や製品を安定させる成分等が配合されて製品が作られています。

これらを踏まえて、シャンプーの性質を見極める上で大切になってくるのが

【主洗浄成分が何なのか】と言うことです。

上記の製品の場合、主洗浄成分が【ラウレス-2硫酸アンモニウム】になりますね。

この【ラウレス-2硫酸アンモニウム】高級アルコール系と呼ばれる界面活性剤で、

洗浄力や脱脂力・タンパク変成作用が強く、髪もゴワゴワ・パサパサになる可能性が…

洗うたびに髪にダメージを与えてしまう成分のはず。。。

不思議なことにこのシャンプー、分類はダメージヘア用になっているんです?

ダメージヘアによりダメージを与えてしまうかも知れないのですが… ナゼでしょう??

それにはちょっとしたカラクリがあるんです。

ダメージや洗い上がりのゴワゴワ・パサパサを、何も無かったかのように覆い隠す!

有能な誤魔化し成分が影に潜んでいたのです。。。!!      

                                             つづく…




スポンサーサイト
19:07 シャンプーについて | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。